旅する蝶・・・「アサギマダラ」


今年も旅する蝶「アサギマダラ」に逢ってきました。この日は気温も上昇し3年振りに
乱舞する姿を見ることが出来たし、ここで実態調査をされているアサギマダラ研究家
の栗田昌裕先生ご夫妻にも会うことができ、ひと時楽しい談笑をさせて頂きました。
今年はすでに5,000頭以上のアサギマダラを確認されたようでマーキングを施し
放蝶されたとのことでした。ここでマーキングされたアサギマダラが2231km離れた
台湾北部で確認されているそうです。



アサギマダラFP0A9696
*何故?だかヨツバヒヨドリの蜜が大好きのようです。

アサギマダラFP0A9595


アサギマダラFP0A9652
*マーキング:日付と1652頭目がはっきり読み取れます。

アサギマダラFP0A9567
*もうすぐ南に向かって帰るそうです。

Category: 昆虫

コメント

688.れみわ
文字の入った蝶を初めて見ましたよ
柔らかい蝶の羽に、どうやってマーキングするんでしょうね
689.tanuki_oyaji
TAKE-爺さん、こんばんは〜♪
アサギマダラがたくさんいるところなんですね。
私も毎年この蝶との出会いを楽しみにしています。
遠距離移動をするアサギマダラにはロマンがありますね。
690.TAKE-爺
れみわさん、こんばんは!
「コメントありがとうございました。」
アサギマダラは毎年見ていますがマーキングは経験ありません。
素人が矢鱈に触ることは蝶にとっては命にも係ることだと
思います。写真を撮った中には羽根が欠損しているのもいて
哀れでした。あれでは数千キロの旅は無理でしょうね・・・
| Edit
691.TAKE-爺
tanuki_oyajiさん、こんばんは!
「コメントありがとうございました。」
ここはアサギマダラの飛来地として、ちょっと有名な所で毎年会いに行っています。
標高1400mほどの山頂で、ここまで来ると涼しく爽やかです。
しかしアサギマダラは気温19度以上にならないと飛游を始めないので、
気温が上がりだしてからのスタートとなります。
この辺では県民の森付近で数頭確認しましたが・・・

私も毎年この蝶との出会いを楽しみにしています。
遠距離移動をするアサギマダラにはロマンがありますね。
| Edit

コメントの投稿