秋のノビタキ

春と秋に我が地元にも、ここ1600mの高地にも必ず立ち寄ってくれるノビタキは
律義者で、CMには人気のある渡りの小鳥です。特に秋の定番と言えばコスノビ
(コスモス畑のノビタキ)なのですが、通過個体が少ない事や逗留時間が短い事
で巡り合えるのも貴重になって来ていますね?
  (1600mの高地へプチ遠征)


ノビタキIMG_0265 (640x480) (2)


ノビタキIMG_0271 (640x480) (2)


ノビタキIMG_0278 (640x480) (2)

Category: 野鳥

コメント

744.けんさん@埼多摩
TAKE-爺さん、こんにちは。
1600mともなると、けっこう寒かったのでは?
ノビタキもすっかり冬毛ですね。
| Edit
747.TAKE-爺
けんさん、こんばんは!
山の上部は雲でしたが、ここは薄日も射していて
長袖姿で歩き回っていたせいか極端な寒さは感じませんでした。
でも、レストハウスで食べた温かいお蕎麦が身に沁みました。
☆コメントありがとうございました。_(._.)_☆
| Edit
748.tanuki_oyaji
TAKE-爺さん、こんばんは〜♪
1600mの高知ですか、遠征お疲れさまでした。
コスノビやソバノビを撮りたいところですが、
なかなか撮れるチャンスがないのが残念です。
749.TAKE-爺
tanuki_oyajiさん、おはようございます!
行き慣れた場所ですから日帰りでも気になりません・・
ホシガラス情報でしたが、運よくノビさんに
会うことが出来ました。
コスノビは県内でもまだチャンスあるかもしれませんよ~
| Edit

コメントの投稿